力の

昇級試験は釣りなんです。だからみんな真剣なんです。

冬を超えて春になると釣りの季節が訪れます。フォルモントプロダクション時代から続いている恒例行事「昇級試験!運も実力のうち!」Filmerでもこの行事を取り入れています。もちろん釣り初心者でも昇給試験となるとみんな勉強し始めます。これがFilmer式・運の引きつけるポイントでもあります。運を引きつける為に努力を惜しまない・・・!ボートの上でラインを結ぶだけでも一苦労ですが一番の難関は、社長より大物を釣らないといけないという事・・・!さて、2017年はどうなるのでしょうか!?

毎日Amazonから商品が届きます。

毎日荷物が届くなぁと思っていたらトレーニングスペースができました。

入社当時から宅配業者が来ない日はありません。2017年冬にはトレーニングスペースが設けられ、その次の週にはプロテインとシェーカーそしてヨガマットも届きました。何に使うのかも分からない商品が届いて困惑することだってありま(笑ある週には観葉植物や培養土、肥料とあっという間に社内に緑が増えました。なんでこんなに毎日Filmerには商品が届くのでしょうか

でも実は・・・

社員のやる気や健康管理の事を考えてくれています!運動不足になりがちな制作会社のデスクワークには嬉しいトレーニング用品。その他にも社員には嬉しい機材や参考書などもどんどん増え毎日社内環境がよくなっていきます。社内メンバーが気持ちよく働ける環境づくりのおかげで自然と仕事の効率もあがり笑顔も増えます。

スタッフから見た社長

根っからのエンターテイナー

まずFilmerを象徴するべき人物、社長の望月和磨。企画の発想・物事の捉え方、ディレクションやカメラの扱いなどスタッフから尊敬されています。その本質は根っからのエンターテイナーだから。日々スタッフを驚かせたり、笑わせたりなど社長が出社すると一気に明るい社内が完成します。そんなムードメーカーの社長ですが日々スタッフから正直どう思われているのかズバリ聞いてみました!

A とにかく陽気

 

B   鬼才(奇才?)

 

C 毎日がミュージカル

 

D 少年

A.  とにかく陽気!

    ・いつも笑顔で人を喜ばせる事が大好きです。

    ・怒っているところをほとんど見たことがありません。

 

B.「あっ!」と驚くアイディアと技術力が凄い!

    ・社長のアイデアや考え方はいつも斬新でおもしろい。

    ・頼りになる

 

C. 毎日が ミュージカル    

    ・毎日が ミュージカル見たいな人。気がつくと歌っています。

    ・基本的なテンションが高め

 

D. 少年

    ・今年39歳ですがキラキラしています。

    ・17歳ぐらいから時が止まっています。

Q1/一言で言うとどんな社長ですか??

...120%

 

...100%

 

...100%

 

...100%

A.ドッキリしすぎ

    ・真剣に仕事しているときにも驚かせてきます。

    ・たまにある手の込んだドッキリは醜悪

 

B.モンスターハンターしすぎ

    ・一度はまると抜け出せない

    ・PCの画面を見ると武器のページを開いている

 

C .体調管理しなさすぎ      

    ・増加する体重

    ・年々肝臓が悪化している

 

D .ハッピー病

    ・とにかく楽しいことで頭がすぐいっぱいになってしまう

    ・楽しいことが気になりすぎて仕事に手がつかない 

A ドッキリしすぎ

 

B モンスターハンターしすぎ

 

C 体調管理しなさすぎ

 

D ハッピー病

Q2/望月社長のなおしてほしいところはありますか?

...120%

 

...100%

 

...100%

 

...100%

Filmer社員のある日の一日

今回はスタッフの1日を簡単に説明します!休憩時間や仕事の合間のリラックスできる時間は質の高い仕事を進めるうえで重要です。スタッフは各々の空き時間でON・OFFを切り替えてメリハリのある作業をこなしています。簡単なようで難しい自己スケジューリングも大切です。業務時間外にも作業がたまっていれば少しでも作業を減らしたり、たまっている雑務を終わらせたりしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

11:00 製作開始

 

 

 

 

 

 

 

 

10:30 メールチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

10:00 毎朝の掃除

 

 

 

 

 

 

 

 

13:00 昼休憩

 

 

 

 

 

 

 

 

14:00 業務再開

 

 

 

 

 

 

 

 

16:00 打ち合わせ

 

 

 

 

 

 

 

 

18:00 帰社 ミーティング

 

 

 

 

 

 

 

 

20:00 無事業務終了

 

 

 

 

 

 

 

 

終了しない場合...

※業務が終了しない場合

Filmer社員の映像制作

ミュージックビデオ篇

映像制作といっても様々なパターンがありますが、ここではミュージックビデオが出来上がるまでの流れを紹介したいと思います。Filmerの制作部はこのように動く!

まとめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打合せ後、持ち帰った案をまとめアーティストに伝えるたのめの企画書を制作。この企画書制作はプランナーとデザイナーの力の見せ所。また撮影のためのロケ地候補も同時進行で探していきます。

プレゼン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いざ渾身の企画をアーティストに提出!様々な意見が出てくる中、作品の意図・世界感を魅力的に伝え、自分のやりたい方向に上手く話をまとめていくのがディレクターの役目。

企画

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回担当するアーティストの楽曲と歌詞を聞いて、ディレクターを中心に社内でアイデアをまとめてからレコーディング会社の担当者と打合せ、案出し。もちろんディレクター自信満々の案を提案します。

ロケハン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

探しておいたロケ地候補をアシスタントが一眼レフを持ってプレロケハン。いろんな場所をカメラでパシャパシャ。決して怪しい人ではありません。社内に戻ったら撮った写真を見ながらディレクターとロケ地を決めていきます。

撮影

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影現場では、ディレクター中心に必要なシーンやインサートカットなどをどんどん撮影していきます。もちろん撮影がスムーズに出来るのは縁の下の力持ち・アシスタントがつくった撮影香盤表(タイムスケジュール)があるからです。撮影も無事終了みなさんお疲れ様でした!

素材制作

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディレクターとカメラマンがロケハンに行っている間に3DCGクリエイターがCGを仕上げていきます。ディレクターが戻ってきたらびっくりするだろな!と思いながら作っていきます。

仮編集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撮影素材・CGも完成したらエディターが全ての素材を使って映像の骨組みをつくります。そこからディレクターのチェック、演出を盛り込んでワクワクしながらMVを仕上げます。

本編集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来上がったMVを担当者とアーティストにチェックしてもらいます。いつもこの時間はどんな意見が出てくるか…ドキドキ・ハラハラします。

打ち上げ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映像を微調整して、担当者のチェック後、完成したMVをデータ納品!後日YouTubeにアップされた映像をチェックしみんなでプチ打ち上げ!

Filmer inc. from Vollmond Production